先日、岐阜県の多治見市にある『モザイク浪漫館』を見学してきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/tileromankan/

決して立派とは言えない建物ですが、中に詰まっているタイルは
日本のタイルメーカーの知恵の結晶でした。
今では見られないようなレトロなタイル、復活すればまた売れるだろうと
思えるようなタイルなど実に様々です。

タイルは日本の建材の中で唯一、産業集積地のある建材です。
原料会社、タイルメーカーや販売商社など多くのタイル産業が集積し、
地場産業としてその知恵と技術を育んできました。

中国製品などの輸入タイルに押され気味の現状ですが、
蓄えた知恵と技術で海外進出を始めた積極果敢なメーカーグループや
「多治見市道の駅・日本タイル村」などの計画もあります。

『モザイク浪漫館』や各タイル産業にある貴重な資産(知恵)を結集すれば、
日本のタイル業界に新しい風が吹くように思いました。
タイルの世界は無限です、弊社も小さなウチワですが、必死で扇ぎ続けます。
おすすめの記事