今日は、コーチングの基本的なスタンスについてお話します。
相手にとって価値があり、効果を生むためには、次のようなスタンスで相手と
コミュニケーションする必要があります。

1.人は皆、無限の可能性を持っている。
2.人は誰でもよい仕事をしたいと思っている。
3.答えは「本人の中」にある。
4.人を操作したり、強引に成長させることはできない。
5.人は経験から学習することができる。

まず、1については、「どんな人でも、周囲のサポートによって自分自身の
問題解決力(=自然治癒力)を高めることができる」というスタンスです。

例えば、他からの情報などで「この部下は仕事ができない」などと決めつけて
しまっていないでしょうか?その評価は第三者が決めた尺度でしかなく、
本人もそう思い込んでしまい、一層やる気を失っているかもしれません。

まずは本人に可能性があり、きっかけを与えることで本人が自分で変革を
起こす能力がある、という前提に視点を切り替えてみることからはじめて
みましょう。

逆に、本人に解決能力があるにもかかわらず、親切心から相手にとっては
無用の手助けをしてしまっていることもあります。これは依存心を植え付け、
能力発揮の可能性を奪うことにつながってしまいます。

あくまでも、本人が自分で考え、解決する能力を高めることを目指すべきです。

2以降は、また次回にお話します。どうぞお楽しみに(@^^)/~~~
おすすめの記事