今回からは、コーチングの具体的手法の5つの「コアスキル」について
お話しします。

コーチングの世界もカウンセリングと同様に色々な技術や手法がありますが、
大別して「コアスキル」と「サブスキル」に分けらています。

プロのコーチになるには「サブスキル」まで習得する必要がありますが、
子育てや社内で部下を育成するには「コアスキル」の理屈を知った上で、
粘り強く接するだけでも、充分な効果が現れるはずです。

「コアスキル」には以下の5つがあります。
1.質問のスキル
2.傾聴のスキル
3.直感のスキル
4.自己管理のスキル
5.確認のスキル

これらのスキルは密接に関連していて、コーチ側がうまく結びつけて
活用できるようになると、大きな効果を引き出すことができるようになります。

今までお話したように相手に考えることを促し、本人の中にある「答え」を
引き出したり、気付かせたりするために、最も効果的なツールは
「相手に質問すること」です。

そのため「質問のスキル」はきわめて重要なスキルとなります。
次回は、質問のスキルの「拡大質問」「未来質問」「肯定質問」について
お話しします。  どうぞお楽しみに(@^^)/~~~
おすすめの記事