前回の続きで、コーチングの基本的なステップについてお話します。

1.目的の明確化:何のためにコーチングを行うのか?
2.現状認識:どのレベルか? 何がおこっているのか?
3.焦点の絞込み:どうしたいのか? どういう手段があるのか?
に続いて、以下にコメントします。

4.具体策の検討:どのようにするのか? それを行うとどうなるのか?
  相手から出てきたアイディアや気づきを、より具体的にするため以下の
  ことを相手に考えていただきます。
  (1)それぞれのアイディアや気づきを「行動」に移した場合、どのような
    結果が得られるか?
    コーチは、相手が色々考えてたくさんのアイディアを発想する
    サポート役に徹します。

  (2)最終的に、どの行動を選択するか?
   今現在の実現性にとらわれるのでなく、選択した行動を案を実現する
   可能性を高める方法も考えてコーチングします。

5.行動化:どれを行うのか? どのような手順で行うのか?
  最後のステップとして、選択した行動案を具体的なところまでブレーク
  ダウンし、そのスケジュールやチェックポイントを付加します。コーチは
  相手が行動に移せる内容のアクションプランを作成するサポートをします。

次回からは、お待たせいたしましたコーチングの具体的手法の5つの
「コアスキル」についてお話しします。
どうぞお楽しみに(@^^)/~~~
おすすめの記事