前回は、人にうまく説明することの難しさについてでしたが、
今回もその続きでコメントさせいただきます。

人に説明するということは、会議などで行うプレゼンテーションと
必要な要素や目的は同じです。要するに、限られた時間内に、
如何に相手に多くの情報を伝え、納得してもらうかなのです。
マンツーマンで行う営業現場も一種のプレゼンテーションの
場だと思います。

売れる営業マンとそうでない営業マンの違いの1つに、
このプレゼンテーション技術の差があげられます。

プレゼンテーションと言うとパソコンとかOHPなどのツールのことだと
思われますが、確かに視覚に訴える有効な情報伝達手段として
大切な要素のひとつです。

しかし、それだけではありません。プレゼンテーションをする人間と
相手の信頼関係や、相手に提案する内容の魅力と価値も大切な要素なのです。

当たり前のようなことですが、この当たり前のことが準備できていないため、
いざ本番(=営業訪問)の時によい結果が得られないのです。

逆に言えば、きちんと準備ができていれば、成果を得やすい技術であり、
会社として取り組むべき課題だと考えます。人によって能力差の出る
話術に重点を置くよりは、効果的だと思います。

次回も、体験を踏まえて同じテーマでコメント致します。
おすすめの記事