前回は、営業に差が出る要因のひとつとしてプレゼンテーション技術の
差があり、話術を磨くよりは、効果がでやすいとお話しました。

要は、限られた時間に何に重点を置くかが大切だと思います。
私は、「選択と集中」の考えが好きです。

方向を決めて、まっしぐらに突き進む。満遍なく
磨くよりは、一点だけでも必死で磨けばそこはピカピカに光ります。

話は少しずれますが、今回、キャンペーンにご協力いただいた
メーカーさんの経営者も次の在庫戦略のために、
年度末向けに大胆な決断をされました。

戦略とはメリハリをつけることでもあり、独自の方向づけをして差別化する。
差別化というと何か機能を付け加えることをイメージしやすいのですが、
必ずしも、付け加えるだけが差別化ではないと思います。

1)無くす(捨てる、やめる)
2)減らす
3)増やす
4)新たに加える

どの業界でも、在庫管理は重要なファクターで、その巧拙が利益に大きな
影響を及ぼします。
手塩にかけて生産したり、輸入したりしたタイルは、誰しも大切なものです。

新たな戦略の元に、新商品を加えるためには、捨てることも時には必要と
なります。そんな出品業者さんとタイルを使いたい方の橋渡しできるよう
「モッタイナイ」の精神でがんばってまいります。

次回もプレゼンテーション技術について話を進めてまいります。
おすすめの記事