野茂選手の偉業は、誰もが知っての通りです。

彼が米大リーグのドジャーズに移籍した当時、米球界はストライキの影響で
人気低迷に苦しんでいた。そこへ太平洋を渡ってきた「トルネード」が旋風を
起こし、「ノモ・マニア」と呼ばれる熱狂的なファンを全米に誕生させ、
スタジアムに観客を呼び戻しました。

95年のアジア人初のオールスター戦先発、日米通算201勝に、史上4人目の
両リーグでのノーヒットノーラン達成など、後に続く日本人選手に大きな扉を
開き、充分すぎる勇気を与えました。

その彼が「引退する時に悔いの無い野球人生だったという人もいるが、自分は
悔いが残る」とコメントしました。

彼と三振かホームランの真っ向勝負で、たくさんの名勝負を残した清原選手も
「あれだけ誰も成し遂げたことのないことをやり遂げた男でも、“悔いが残る”と
言う。そこに野茂の凄さを感じた」と言っています。

ドジャーズから移籍後、マイナー落ちから不屈の精神で再び輝き、速球と
フォークが軸の投球スタイルを変えず、常に寡黙で周囲に流されない一徹な彼が、
何を思って“悔いが残る”と言ったのか?

裏切り者呼ばわりされて始まった米大リーグへの挑戦から13年間の計り
知れないプレッシャーと、多くの逆風に立ち向かってきた彼のこのコメントは
奥が深すぎて、凡人の私に解かるはずもないことです。

今後、彼が野球人生をどうおくるのか興味があり、今後の活躍をひっそりと
応援して行きたく思います。

野茂選手のプロ野球人生の始まりともいえるプロ初勝利17奪三振
http://jp.youtube.com/watch?v=rdmEhcQZaew&feature=related
おすすめの記事