今回も、これまでの「拡大質問」「未来質問」「肯定質問」を補完するための
質問や注意点についてお話します。

「考えたことを行動に移す」「主体的な行動を促す」ということは、コーチング
の重要なポイントの1つです。気づいたり考えをまとめただけでは、目的の
一部の達成でしかありません。実際に行動に移すところまでサポートする
ことによって、コーチングを行った意義があります。

その場合、以下のような項目の『行動につなげる質問』が有効となります。

・行動の優先順位 :(例)どのような順番が、最も効果的でしょうか?
・開始や終了の時期 :(例)それは、いつから始めますか?
・達成のレベル :(例)何%ぐらい達成できそうですか?
・継続するための条件 :(例)どういう条件を整えれば、それを続けられますか?
・サポートの環境 :(例)どのようなサポートが必要ですか?

行動につなげるためには、目標設定を明確にしておく必要があります。
もし、『行動につなげる質問』に対して、あやふやな答えしか返ってこなかったり、
相手が否定的な反応をするような場合は、もう一度目標を確認するような質問に
戻ることになります。

次回も、「拡大・未来・肯定質問」を補完するような質問や注意点について
お話しします。
どうぞお楽しみに(@^^)/~~~
おすすめの記事