先日、中部国際空港のおひざ元の常滑市にあるINAXライブミュージアムを
見学してまいりました。

主任学芸員のT氏に大変親切に、わかりやすくご案内をいただいた中で
参考になり印象に残ったことをご紹介させていただきます。

<世界最古のタイル>
http://www.inax.co.jp/museum/report/000011.html
緑がかった青色の釉薬が掛かった縦62mm、横38mmの長方形のタイルで、
日干しレンガしかなかったような時代に、このような美しく釉薬を施した
タイルがあったことに驚き、4000年以上経った今でも、
展示ガラスの向こうで今も美しく輝いていることに、また驚かされました。

<両面焚倒焔式角窯(りょうめんだきとうえんしきかくがま)>
http://www.inax.co.jp/kiln/report/detail01.html
内部の壁は耐火れんがでできているのですが、製品の釉薬と同じものが、
何度も焚いているうちに壁面に形成され、窯そのものに釉薬がかかった状態と
なって、粘土中の鉄分による飴色の美しい肌を見せています。
意図的に作ったわけでない独特の味わいに、しばらくひたっていたい衝動に
かられました。

<土・どろんこ館> 
http://www.inax.co.jp/clayworks/viewpoint/
手作りの日干しれんが壁など「土」をテーマに作られた建物で、
建物そのものが“作品”とのことです。
圧巻は外壁で、RC造の壁の外側に厚み50センチもの土をたたき締めて
固めた版築壁(はんちくかべ)でした。
地層のような表面が、建物を覆う様相は半端ではない。
これから重ねる年月が楽しみな建物です。

陶芸やどろだんごなど創作体験できる施設もあり、大人から子供まで充分
楽しめます。タイルや焼き物に興味のある方は、是非訪れて
タイルと土を肌で感じて欲しい施設です。

突然の訪問にもかかわらず、お忙しい中丁寧にご案内いただいたINAXのT氏に、
この場をお借りしてあらためて、お礼申し上げます。
おすすめの記事