今回は、コーチングの質問のスキルの「未来質問」についてお話しします。

「未来質問」とは、将来のことを尋ねる質問です。
例えば、「これからどうしたいのですか?」「それを達成するには、これから
何をすれば良いと思いますか?」のような質問です。

「未来質問」に対して「今まではどうだったのですか?」や「どうして
それをやらなかったのですか?」のような終わってしまった過去について
質問することが「過去質問」となります。

上の2つの質問を比べてみて、質問される側として印象はどうでしょうか?
成長段階にある人(相手)が、過去のできなかったことを質問されるより
これからできることを聞かれるほうが、前向きに考え、モチベーションも
あがるように感じないでしょうか。

成長や育成は未来に向いて行われるため、それについての“答え”も過去では
なく未来にあると考えられています。
そのためコーチングではまずは効果的な「未来質問」からアプローチしてみます。

過去の成功体験がある場合は、それを思い出すことによって相手が自信を持てる
ような場合は、「過去質問」も有効となります。
相手の状況に応じて、質問の仕方を変えることも必要になります。

次回は、コーチングの質問のスキルの「肯定質問」についてお話しします。
どうぞお楽しみに(@^^)/~~~
おすすめの記事