今回からは、コーチングを交えてお話いたします。コーチングとは、
スポーツの世界で生まれた方法で、昔からある決まった型やフォームに
はめることなく、質問などで本人の「気づき」を促し、自ら考え、
行動させるための技術です。

プレゼンテーションの資料つくりや現場での説明能力の向上には
やはり、営業マンのやる気や自発的行動が必要になります。

価値観が多様化し、昔ながらの上意下達式の指導方法では
成果が上がりにくくなってきたようです。

育児などにも応用され、スポーツやビジネス、教育など人のやる気を引き出し、
潜在的能力を伸ばす理屈は、同じということだと思います。

プレゼンテーション技術をさらに磨きをかけ、組織力アップのるためにも
経営者や管理者に必要な知識だと思います。
次回も、コーチングについてさらに詳しく話を進めてまいります。
おすすめの記事