ワールドカップでは、色々ありましたね。一流と言われるまでになった選手の
精神力というのは、その道のりで身体と共に鍛えられ、
私などが想像することもできない強靭なものだと思います。

前回、中田選手の涙の意味は、知るよしもないと書きましたが、
彼のホームページの引退声明文で、少しだけ触れられたような気がします。

“人生とは旅であり、旅とは人生である”と題されたこの文章は、
国際サッカー連盟(FIFA)や日本の教育関係者からも、高く評価され転載の
依頼が殺到しているようです。

個人的に印象に残った部分のみ、以下にご紹介しておきます。

『サッカーは世界で最大のスポーツ。
それだけに、多くのファンがいて、また多くのジャーナリストがいる。
選手は多くの期待や注目を集め、そして勝利の為の責任を負う。
時には、自分には何でも出来ると錯覚するほどの賞賛を浴び
時には、自分の存在価値を全て否定させられるような批判に苛まれる。

プロになって以来、「サッカー、好きですか?」と問われても
「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも
子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

けれど、プロとして最後のゲームになった6月22日のブラジル戦の後
サッカーを愛して止まない自分が確かにいることが分かった。
自分でも予想していなかったほどに、心の底からこみ上げてきた大きな感情。

それは、傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。
厚い壁を築くようにして守ってきた気持ちだった。

これまでは、周りのいろんな状況からそれを守る為
ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、
またある時には敢えて無愛想に振舞った。
しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。

ブラジル戦の後、最後の芝生の感触を心に刻みつつ
込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、最後にスタンドのサポーターへ
挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。

そして、思った。』
おすすめの記事